ニュース
» 2007年09月20日 07時00分 UPDATE

SFAで熱いバトル勃発!――日本型の営業スタイルを踏襲 (1/3)

なかなか根付かなかったSFA(営業支援システム)が、ここ数年はその投資効果が認識されるようになってきた。この有望市場をめぐって、にわかに熱いバトルが繰り広げられている。

[松岡功,アイティセレクト]

 企業の営業活動を効率化するITシステムとして、あらためて注目されつつあるSFA(営業支援システム)。10年ほど前に登場したものの、しばらくほとんど根付かなかったが、ここ数年はその投資効果が認識されるようになってきた。

 この有望市場をめぐって、にわかに熱いバトルが繰り広げられている。先行するセールスフォース・ドットコム、ソフトブレーンといった有力ベンダーに、グループウェアで急成長してきたサイボウズが真っ向から戦いを挑んだからだ。さらにサイボウズは、セールスフォース・ドットコムが先行する「SaaS(Software as a Service)」にも積極的に取り組む構えだ。果たしてその行方やいかに――。

サイボウズがSFA市場に参入

 グループウェア市場において国内トップレベルのシェアを握るサイボウズが7月23日、SFA製品「サイボウズ ドットセールス」(以下、ドットセールス)を発売し、SFA市場に新規参入した。

 SFAとは、企業の営業活動を効率化するITシステムのことである。営業のコンタクト履歴や商談の進捗状況、営業スケジュール、顧客情報などを蓄積でき、案件成立の見込みなどを営業部内で共有することが可能になるのが特徴だ。

 日本では10年ほど前から大手を中心に使われ始めたが、企業全体の導入率はまだ1割程度とみられている。サイボウズではその理由を、「従来のSFAは米国の営業スタイルに基づいてつくられており、日本に合わない」からだと説明する。また、「従来製品の多くが、導入時に営業プロセスを改善するためのコンサルティングを必要とすることが敷居を高くしている」ともいう。

 そこでサイボウズは、コンサルティングを必要とせず、手軽に導入できるようにすることをコンセプトとしたドットセールスを開発した。機能としては、ルートセールスがメインで、特定の顧客と長く付き合う日本型の営業スタイルに合わせ、営業活動の内容や課題などを報告するための「活動報告機能」や、顧客情報・会社情報・事業所情報などを登録するための「顧客管理機能」に重点を置いた。

SFA_1.JPG 「サイボウズ ドットセールス」の活動報告画面
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2010 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆