速報
» 2007年09月26日 09時00分 UPDATE

「福田首相」メール、添付ファイルにマルウェア仕込む

福田康夫首相を装った偽メールが出回っている。添付ファイルを開くと、システムがバックドアに感染する。

[ITmedia]

 福田康夫・新首相の就任に合わせ、福田首相が送信したように見せかけてマルウェアを添付したメールが一部に出回っているという。セキュリティ企業Symantecがブログで伝えた。

 Symantecが毎日新聞の記事を引用して伝えたところでは、問題のメールは日本のアジア外交に関する内容で、福田首相の事務所の電話番号と住所を記載してもっともらしく見せかけているという。

fukudap.jpg 福田首相の公式ページでは注意を呼びかけるメッセージのみを表示

 Symantecは、問題のメールに添付されているアーカイブファイル「mofa.zip」を入手。これに含まれている実行可能ファイル「mofa.exe」は、バックドア機能を持つマルウェアであることが判明した。mofaは外務省の英語名「Ministry of Foreign Affairs」の略称。

 同ファイルを実行すると「mofa.doc」というWord文書を開き、日本語のコンテンツを表示。その裏でシステムに不正プロセスを挿入し、バックドアを開いて外部のサイトに接続、攻撃者からの命令を受け入れる状態にしてしまうという。

 福田康夫氏の公式サイトは26日午前現在、「なりすましメールにご注意ください」とのメッセージが掲載され、それ以外の情報にはアクセスできなくなっている。サイトでは問題のメールについて「本人並びに事務局では一切関与していない」と説明、速やかに削除するよう呼びかけている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆