連載
» 2007年09月26日 16時13分 UPDATE

SAPジャパンら、昭和シェル石油に人事システム基盤を構築

SAPジャパンと日本ユニシスは、昭和シェル石油に人事システム基盤「SAP ERP Human Capital Management」を構築した。

[ITmedia]

 SAPジャパンと日本ユニシスは9月26日、昭和シェル石油に人事システム基盤「SAP ERP Human Capital Management」(SAP ERP HCM)を構築したと発表した。

 昭和シェル石油は、情報システム基盤にSAPの基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」を採用している。昭和シェル石油と関連会社の約2000ユーザーに対して、さらなる人事機能を提供するため、SAP ERP HCMを導入した。システム基盤の構築は日本ユニシスが、技術支援はSAPジャパンが担当した。

 SAP ERP HCMによりユーザーは、人事関連の申請や、所属部門が必要とするコンピテンシー(行動特性)を強化する人材研修の履歴などをWebから確認できる。また、マネジャーは、ユーザーの研修における進ちょくや評価を共有できる。帳票類の配布や収集など紙ベースの管理における負担が減ったという。

 昭和シェル石油は今後、勤怠管理や経営分析、eラーニングの拡張など、人事システム基盤の活用を広げる見通しだ。

関連キーワード

SAP | 人材 | 研修


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆