ニュース
» 2007年09月27日 09時32分 UPDATE

JNS、Webページ改ざん対策システムの最上位版を発表

JNSは、大企業やデータセンター向けにWebページ改ざん対策システムの最上位版となる「isAdmin Enterprise」を販売開始した。

[ITmedia]

 JNSは9月26日、Webページの不正書き換え対策システムの最新版「isAdmin Enterprise」を販売開始した。同製品は、大企業やデータセンター向けの最上位版となる。

 isAdminは、Webページの改ざんを検知し、管理者に報告するとともに、必要に応じて自動的に復旧するソフトウェア。最新版では、Webサーバにインストールするのではなく、別のマシンにインストールしてリモート監視を行えるようになった。従来の製品は、Webサーバに搭載されていたため、Webサーバが攻撃を受けるとソフトも無効化になった。また、ソフト実行中はWebサーバに負荷が掛かり性能が低下するほか、OSやWebアプリケーションが限定されるというデメリットがあった。

 同製品は、機能別に3つに分類される。リンク切れやタイムアウトなどをチェックし、事前に登録したコンテンツ内容と一致しない場合には電子メールなどで管理者に通知する「Web改ざん検知システム」(isAdmin for Web Enterprise HTTP)、改ざんが検知されたページについて、FTPなどを用いて復旧する「Web改ざん自動復旧システム」(isAdmin for Web Enterprise FTP)、ファイルの改ざんを検知する「ファイル改ざん検知システム」(isAdmin for File Enterprise)である。

 価格は、isAdmin for Web Enterprise HTTPが24万円、isAdmin for Web Enterprise FTPが71万円、isAdmin for File Enterpriseが31万円。

関連キーワード

サーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆