ニュース
» 2007年11月12日 16時59分 UPDATE

JAL、eコンタクトセンターシステムをリプレース

日本航空インターナショナルは、Webサイトや電子メールなどインターネット経由の問い合わせ対応業務の効率化と回答品質の向上に向け、eコンタクトセンターシステムをリプレースした。

[ITmedia]

 日本航空インターナショナルは、Webサイトや電子メールなどインターネット経由の問い合わせ対応業務の効率化と回答品質の向上に向け、eコンタクトセンターシステムをリプレースした。新システムを導入したNTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)とアドバンス・コンサルティングが11月12日、発表した。

 JALは、早期からWebサイト上にeコンタクトセンターを設置し、Q&Aの検索・参照や電子メールを利用した顧客対応に力を入れてきた。しかしこれまで利用してきたAPSサービスでは、回答メール作成のさらなる効率化やメール応対履歴管理の高度化といった面で課題を抱えていたという。

 2006年秋からリプレースを検討し、20073月末に新システムとしてNTT-ATのFAQ活用支援サービス「MatchContactSolution」の導入を決定。運用設計および辞書やルールお問い合わせフォームの作成などの導入準備を進め、新システムへ順次切り替えてきた。

 JALマイレージセンター部eビジネス企画の矢内氏は「レポート機能も充実しており、Q&Aの改善に有効なヒントとなる情報を収集できるようになった。導入に際しては、過去メールの移行に苦労したが、必要な関連メール検索も容易であり、有効に活用できている」とコメントしている。

関連キーワード

運用管理 | 検索


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆