ニュース
» 2007年11月13日 12時30分 UPDATE

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:ベールを脱いだ「Oracle VM」、アプリケーションの統合基盤も2.0に (1/2)

11月12日、「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」がダウンタウンのモスコーニセンターで本格開幕した。午前の基調講演には、フィリップス社長とロズワット執行副社長が登場し、Oracle VMをはじめとする一連の新製品群を披露した。

[浅井英二,ITmedia]

 Oracleは、かねてから噂されていた仮想化ソフトウェア、「Oracle VM」を同社の創業30周年を祝う年次カンファレンスで発表した。

entrance02.jpg 昨年と同様、モスコーニセンターの北館と南館のあいだの通りは閉鎖し、巨大なテントが張られている。基調講演のために早朝から長蛇の列がつくられた。後方の西館にはOracleの大きなバナーが見える

 米国時間の11月12日、4万2000人が事前登録した「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」がカリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウン、モスコーニセンターで本格開幕した。午前の基調講演には、チャールズ・フィリップス社長とデータベース製品の開発を統括するチャック・ロズワット執行副社長が登場し、Oracle VMをはじめとする一連の新製品群を披露した。

 Oracleは2002年、Oracle9i Real Application ClustersのLinuxサポートによって「Unbreakable Linux」をぶち上げて以降、エンタープライズへのLinux浸透を後押ししてきた。昨年のOracle OpenWorldでは、「Oracleの成功はLinuxの成功に大きく依存している」(ラリー・エリソン会長兼CEO)とし、Linux自体のサポートに乗り出すことを明らかにした。

philips01.jpg 空軍士官学校でコンピュータサイエンスを学んだフィリップス氏は基調講演に先立ち、ベテランズデー(退役軍人の日)にちなんで、退役軍人の社会復帰を支援する組織を紹介、その活動をたたえた

 Oracle VMは、オープンソースのハイパーバイザー技術であるXenをベースとし、Oracle Enterprise Linuxとスタック化して提供されるのが特徴。OracleデータベースとOracle Enterprsie Linuxに最適化されており、他の仮想化環境に比べて3倍以上の効率性を実現するほか、Linux、データベース、ミドルウェア、そしてアプリケーションという、統合された「Oracleスタック」の一部として同社からサポートされるという。

 早速、AMD、Dell、HPのほか、ファイバーチャネルアダプタのEmulexやストレージのNetAppらがOracle VMへのエンドースメントを寄せている。一方、仮想化ソフトウェアのリーダーであるVMwareは、Oracle VMのあおりを受け、この日、株価が8.4%下落した。

グリッド + VM でさらに柔軟なデータセンター実現へ

 Oracleは、4年前のOracle OpenWorld 2003 San Franciscoにおいて、gridの「g」を製品名に冠したOracle Database 10gを披露した。あれから4年が過ぎ、エンタープライズ向けのグリッド技術は、需要の変化にも柔軟に対応でき、IT資源を有効活用できる、今すぐ使える技術として浸透した。

 グリッド技術が、比較的安価なサーバマシン(ノード)を並列的に接続する「スケールアウト」の手法で拡張性や高い可用性を実現できるのに対して、Oracle VMは、1台のx86サーバを複数台に見せる仮想化技術だ。2つの技術を組み合わせることで、企業のデータセンターは、さらにコスト効果が高く、かつ変化に追従できる柔軟なシステムを構築できるという。

 Oracle VMは、今週14日から同社のWebサイトで無償ダウンロードできるようになる。24時間365日のサポートはシステム単位で課金され、2CPUまでが年間499ドル、CPU無制限は年間999ドルとなっている。

CEOが望むのはアプリケーション統合

 Oracle VMが企業のCIOの課題に対処するものだとすれば、CEOが切実に望んでいるビジネスプロセスの統合だ。

 今年4月に発表された「Oracle Application Integration Architecture」(AIA)は、Oracle Fusion Middleware SOA Suiteを基盤とし、ビジネスプロセスに基づいてOracleのさまざまなアプリケーションスタックから「最良の」機能を選択し、結び付けることを可能にするためのフレームワークだ。

 同社は、買収で手に入れたさまざまなアプリケーションを統合する「Oracle Fusion Application」を2008年に出荷するとしているが、そこに至るまでの成果物を先出ししたものといえる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆