ニュース
» 2007年11月13日 15時52分 UPDATE

グローバルWAN回線の効率を改善、デンソー

デンソーは、世界32カ国11万人を超える社員を接続するグローバルネットワークにWAN最適化システムを導入した。ネットワークのレスポンスを改善し、通信コストを削減するのが狙い。

[ITmedia]

 デンソーは、世界32カ国11万人を超える社員を接続するグローバルネットワークにWAN最適化システムを導入。ネットワークのレスポンスを改善し、通信コストを削減した。同システムは2006年10月から段階的に導入され、4月から本格運用されているという。

 デンソーのグローバルネットワークは、IP-VPNで全世界94拠点を接続。最大帯域4Mbps、平均帯域800Kbpsで接続している。そのインフラ上で、生産管理システム、電子メール、CAD、TV会議などのアプリケーションが利用しているが、ネットワーク規模の拡大に伴い、帯域の圧迫による遅延が課題となっていたという。

 そこで、拠点を結ぶWAN回線のパフォーマンスを最適化するため、ジュニパーネットワークスのWAN最適化システム「WX セントラル・マネジメント・システム」(WX CMS)を採用し、「WX 20」「WX 50」の2機種を全世界60拠点に100台以上を配備した。

 WAN最適化システムとは、TCPやアプリケーション固有のプロトコルの高速化や、帯域利用の優先設定、データ送信の重複排除などの技術を組み合わせて、WAN回線の通信を最適化する装置。

 デンソーIT企画部主任部員である小林公英氏によると、同システムを導入したことで、FTPファイル転送が60%、電子メールが30%高速化できたとしている。これは、ネットワークの帯域をアップグレードした場合と比較すると、約10%のコスト節約につながる効果だという。

関連キーワード

WAN高速化 | 運用管理


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆