連載
» 2007年11月15日 09時50分 UPDATE

間違いだらけのIT経営:「絶望的人選」からのプロジェクト起死回生策 (1/3)

プロジェクトを進めるとき、人材の選定は大きな意味を持つ。しかし、理想的な人材を常に集められるとは限らない。むしろ、理想的な人材配置など不可能というのが現実ではないか。

[増岡直二郎,ITmedia]

プロジェクトにエース級人材は期待できない

 IT導入を成功させる条件の1つとして「プロジェクトチーム(PT)にエース級の人材を投入すべきだ」というのがある。確かにエース級の人材が投入された方が、プロジェクトが成功する確率は格段に高まる。しかし筆者は、エース級の人材を投入されたケースなど、ほとんど見たことがない。あっても、そのエースは従来から担当しているライン業務と兼務で、彼はライン業務に時間をとられてPTから徐々に足が遠のき、やがて「帰らぬ人」となる。

 それならば、いっそのことエース級の人材を期待しない、むしろ、ダメ人材が投入されることを想定して、プロジェクトをいかに成功させるか、次善の策を考えておいた方が利口ではないのか。

 まず、PTのメンバーはどんな役目を負うのか、そのためにはPTの目的がどこにあるかをはっきりしておく必要がある。話を進める上で、概略の定義をしておこう。

 ベンダーからもメンバーが入り、役割も多岐にわたるPTもあるが、ここでの議論は単純化したい。ここでは、ユーザー企業内に設置されるPTとし、その目的はIT導入計画立案から要件定義の策定まで、そしてBPR(業務改革)をリードして完遂するまでとする。

 PTメンバーは、情報システム部門、業務関連部門(例えばSCM導入の場合、営業・生産計画/管理・資材・倉庫・物流・経理など各関連部門)から選ばれ、後者は目的達成のために出身部門の意見をPTに反映し、PTの方針を出身部門に徹底しつつ、PTの業務をこなす。

 ここでエース級の人材を選ぶという意味は、PT推進の中核となる情報システム部門からは担当分野の人材になるだろうから、業務関連部門からいかに優秀な人材を選ぶかということになる。これが、なかなかうまく事が運ばない。

 PT発足が役員会議や部長会議で決定され、席上で優秀な人材を投入するべきだと合意するまではいいのだが、いざ人選に入ると合意は単なる建前となり、優秀な人材を供出したらライン業務がめちゃくちゃになるという本音が頭をもたげる。時には、絶望的人選が平気で行われる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆