ニュース
» 2007年11月20日 13時16分 UPDATE

1万6000人規模のグループウェア乗り換え、岡山県庁

岡山県庁はグループウェアパッケージを乗り換え、2007年2月に新システムを稼働させた。利用者拡大の中、パフォーマンスが追いつかなくなっていたため。

[ITmedia]

 岡山県庁は、2001年に導入したグループウェアのパッケージを乗り換え、2007年2月に新システムを稼働させた。利用者は拡大する中、パフォーマンスが追いつかなくなっていたため。製品を提供したサイボウズが11月20日発表した。

 全国に先駆けて高速通信回線「岡山情報ハイウェイ」を整備するなど、岡山県は自治体のIT活用で先行してきた。岡山県庁では1996年に独自でグループウェアを開発し、庁内の情報活用を高め、業務効率の向上を狙ってきた。しかし、独自開発では操作性に改善が難しく、利用が思うように進まず、2001年にはパッケージ製品に乗り換えていた。

 これにより利用者は増加したものの、ユーザーが増えたことでシステムのパフォーマンスに面が課題となっていた。昨年からパフォーマンスと操作性を大きな選定ポイントに新システムへの移行を検討。2月に「サイボウズ ガルーン 2」へ切り替えた。1万6000人の職員が同グループウェアにアクセスしているという。

 現在は、スケジューラーと掲示板に限定してグループウェアを利用しているが、今後は使用できる機能を拡大し、情報共有スピードの改善を目指す予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆