ニュース
» 2007年11月27日 14時14分 UPDATE

24時間操業の生産管理システムを守れ――東レがネットワークウイルス対策機器を100台導入

東レは、2008年3月までに生産管理システムのセキュリティ対策としてネットワークウイルス対策アプライアンスを100台導入する。24時間操業の生産ラインを支えるシステムを停止させずに、ウイルス対策を施す。

[ITmedia]

 総合化学メーカーの東レは、2008年3月までに生産管理システムのセキュリティ対策としてネットワークウイルス対策アプライアンスを100台導入する。24時間操業の生産ラインを支えるシステムを停止させずに、ウイルス対策を施すため。

 24時間操業の生産ラインを管理する生産管理システムでは、再起動が必要となるOSのパッチ適用や、パターンファイルの更新に負荷のかかるウイルス対策ソフトの導入ができず、専用LANに接続して運用していた。しかし、生産管理システムの統合に伴い、他のシステムが収容されたLANと相互接続され、OSの脆弱性を狙ったネットワークウイルスに感染する危険性が高まっていた。

 ウイルスが発する不正なパケットを検出して、生産管理システムの手前で遮断できるアプライアンス製品の導入を検討。トレンドマイクロの「Trend Micro Network VirusWall Enforcer」の採用を決めた。正常な通信の誤検出がないことや、障害が発生してもネットワーク接続が維持される機能を評価した。

 2007年6月から国内12の生産拠点に導入を始めており、2008年3月までに100台の導入を完了する予定という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆