ニュース
» 2007年12月07日 09時00分 UPDATE

「IT部門は無駄飯喰らい」「CIOに戦略意識が必要は俗説」 (1/3)

CIOはどうあるべきか――ワセダCIOフォーラムでは「会社を変える CIO」と題して、2人の現職CIOを交えたパネルディスカッションが行われた。大きな改革を成し遂げた両氏の活動が1つの参考になるかもしれない。

[岡田靖,ITmedia]

 CIOは経営の一翼を担う、企業の経営戦略上でも非常に重要な役職だ。特に、ITがかかわる業務改革はCIOの仕事ぶりで、成否が大きく変わる。しかし、そのあり方や求められる能力は事業内容や規模、ステージによって大きく異なる。CIOの「あるべき姿」を明確に定義するのは非常に難しいところだ。

 11月22日に開催された早稲田大学で開催された「ワセダCIOフォーラム」では、「会社を変える CIO」と題して2人の現職CIOを交えたパネルディスカッションが行われた。

事業部門を手助けするのがCIOの仕事――オムロン・樋口CIO

 オムロン執行役員常務事業プロセス革新本部長の樋口英雄氏は、IT部門に在籍した後に、業務部門であるセンサー部門へ移って事業部長まで務め、CIOとしてIT部門に戻った。自らの役割を「いかに収益構造を改善するか」だと説明する。

 業務プロセス革新として取り組んだのはSCMの改善だ。同社では「Factory Managed Inventory」を掲げ、工場が顧客に商品が届くまでの責任を負う制度を取り入れた。その上で、生産管理はもちろん商品物流、部材調達までトータルで、顧客視点を取り入れる改革を進めたという。

樋口英雄氏 オムロン執行役員常務事業プロセス革新本部長の樋口英雄氏

 「当社の特徴は、ニッチ&グローバル、商品が多岐にわたるだけでなく、仕入れ先や生産拠点は日本だけでなく中国にも存在する。調達体制に関しては、一般的に行われる1対1でなく多対多の関係に変えた」

 このサプライチェーンを支えるために、パッケージとオリジナルのシステムをSOA的に組み合わせた。「製造業として一般的な部分はパッケージを採用しつつ、競争力となるコア部分にはきっちりと独自のものを使う」というわけだ。

 ITの構造改革には、社内の他の事業と同じくQCD(品質・コスト・納期)にKPIを設定して、それを実践するようにした。その結果、売上高に占めるITのコストは、2年前に樋口氏が着任した時点で2.4%だったのが、現在では1.7%まで下がったという。「最終的には1.5%まで下げたい」と、樋口氏。

 CIOとしては「あくまでも、事業部門の『やりたい』という気持ちを大事にしている」と話す。

 「ヘッドクオーター部門として、事業部門の独力でできない部分を手助けしている。我々は無駄飯喰らいと思われがちな立場だから、最初に自ら率先して可視化やスリム化を進めた。それが現場の動きを刺激し、良い関係を築ける」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆