ニュース
» 2007年12月19日 11時00分 UPDATE

「保険金不払い問題」乗り越える保険業界――サービス品質改善にITができることとは? (1/2)

保険金不払い問題に対し行政処分が出されるなど、保険業界は経営管理態勢の抜本的な改善を求められている。大手保険会社では、業務プロセスの改革によって、サービス品質改善に向けた取り組みが進んでいる。

[堀哲也,ITmedia]

 情報統合はビジネスプロセスの改革にもつながる。「ITmedia エグゼクティブ」では12月11日、保険業界のエグゼクティブを招待し、情報統合をテーマにラウンドテーブルを開催した。

 保険金不払い問題に対し行政処分が出されるなど、保険業界は経営管理態勢の抜本的な改善が喫緊の課題だ。大手保険会社では、業務プロセスの改革によって、サービス品質を継続的に改善していこうとする取り組みが進んでいる。

 「残念なことに、契約時のごく当たり前のことができていなかった」と反省するのは、パネルディスカッションに登場した三井住友海上火災保険のIT推進部部長の玉田孝一郎氏。支払洩れのない保険金という「当然品質」を超え、損害サービスを通じて顧客から信頼され選ばれる「感動品質」を達成しよう、と同社も改革に乗り出している。

玉田孝一郎氏 三井住友海上火災保険のIT推進部部長戦略&海外システム担当の玉田孝一郎氏

 業務効率に重きを置いたIT戦略から脱却し、業務品質の改善サイクルをITの側面から支えるのが、情報システム部門を率いる玉田氏の役割だ。

 損害保険は顧客と直接接点を持つだけに、顧客の体験プロセスを改善できれば、それが競争力にもつながる。顧客の不満を仮説分析し「仮説→検証→実行計画→本格展開」というプロセスを構築しようとしている。

 「苦情などの情報は山のようにあるが、現場任せになっていた。これら情報を商品や顧客から見た体験プロセスに生かし、改善を図っていきたい」と、玉田氏は言う。

コンテンツが持つ本当の価値

栗原潔氏 テックバイザージェイピー代表取締役の栗原潔氏

 テックバイザージェイピー代表取締役の栗原潔氏は「定型データを分析するBIや、非定型データを管理するECMなどの情報管理の世界は、徐々にBPM(ビジネスプロセスマネジメント)と、オーバーラップしてきている」と指摘する。

 「これまでのエリアにとらわれて、思考を止めてしまうのはもったいない。これらの境界領域が差別化のためには面白いところだ」(栗原氏)

 現在、世の中のデジタルデータの80%は、非定型データと言われる。音楽や映像などがこの非定型データの代表だが、企業内ではWordといった文書コンテンツがそれに当たる。これらコンテンツはトランザクション情報などの定型データに比べて、ファイルの形式の標準化が十分に進んでいないなど、管理の難しいところだが、エンタープライズサーチなど、情報へのポインタを集約する仮想統合の技術も登場してきている。

 とはいえ、コンテンツはその意味内容(セマンティクス)にこそ価値がある。単純に集約するだけでは、コンテンツの価値を引き出せない。「コンテキスト(背景情報)とともに評価できれば、さらに情報の価値を向上できる」(栗原氏)。

 例えば「この製品が気に入った」という消費者からのメールを単独で見て「これはうれしい情報だ」とだけ見ては、意味がないが、意味内容とともに評価すれば、「実は販売中止の製品だったが、特定のユーザーからは評価が高かった」ということが分かるかもしれない。

 「製品は良かったが、ターゲットが悪かったのではないか? 新製品の企画に結び付くかもしれない――という視点が大切だ」と、栗原氏は言う。

 「非定型データのコンテンツととらえるのではなく、ビジネスプロセスのトリガーととらえる考え方が重要になってくる」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆