ニュース
» 2007年12月19日 19時30分 UPDATE

東映、データ分析システムを全面リプレースへ 各部門でのデータ活用を推進

東映は、データ分析環境をリプレースし、新システムを全社展開する。データを各部門で活用したいという要望に応え、業務の効率化を図る。

[ITmedia]

 東映は、データ分析環境をリプレースし、新システムを全社展開すると決めた。システムを導入したウイングアーク テクノロジーズが12月19日発表した。

 東映は1990年代後半に、メインフレーム、オフコン環境からクライアント/サーバ型にリプレイスを検討。配給システム、ビデオ販売管理システム、会計システムに欧米のBIツールを導入、ビデオの売上傾向を分析してきたが、データ抽出に時間が掛かったり、高額なライセンス料によって全社展開できないでいた。

 そこで、データ処理速度に優れ、クライアントフリーのライセンス体系を持つウイングアーク テクノロジーズの「Dr.Sum」の採用を決定。2002年に京都撮影所から導入を始め、教育映像販売管理や、興行収入管理、配給収入管理、商品販売管理などへ拡大させてきた。

 2008年6月に新たに構築する、映像資産管理システムでも同じ分析環境を導入する予定だ。

 情報開発室室長の木村直道氏は「作業が便利になり、業務の効率化が実現された。これまで一晩かかっていたデータ抽出が今では5分、一瞬で手に入る。帳票開発の面でも大幅なコスト削減になった」と話している。

関連キーワード

BI | 帳票 | メインフレーム | サーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆