ニュース
» 2007年12月21日 09時00分 UPDATE

ロイヤルユーザーを生み出せ トヨタの新Webサイト

トヨタは、個別の顧客に対しカスタマイズされた専用ページを自動生成する新Webサイト「etoyota.net」をオープンした。顧客ニーズが多様化する中、個別ニーズに合った専用ページを表示して、顧客との関係構築を試みる。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は12月20日、個別の顧客に対しカスタマイズされた専用ページを自動生成する新Webサイト「etoyota.net」をオープンした。まずはβ版として企業広報サイト「toyota.co.jp」と、マーケティングサイト「toyota.jp」のコンテンツを対象に、表示情報を自動生成するサービスを始め、2008年3月に本格稼働させる。

 etoyota.netは、「かっこいい」「かわいい」といった抽象的な語句で、車を検索できる自社開発の「情報推奨エンジン」を搭載。検索サイトからの検索ワードや、個々のお客様の閲覧履歴を学習して最適なページを構成できる。利用するほど学習精度が向上するため、検索サイトからの新規の顧客だけでなく、リピーターも常に使いやすくカスタマイズされるとしている。

etoyota.net 「etoyota.net」
gainen.gif etoyota.netの概念

 3月の本格稼働までに、ブックマーク共有や、所有車情報に合わせた情報提供、属性や行動履歴に合わせたニュース提供機能などを搭載していく予定。検索ワードに連動したLPO(Landing Page Optimization)ページを自動生成する機能や、「他車比較シミュレーション」や「クルマ選びサポート」のAPIを公開する予定もある。

 同社は、これまで「toyota.jp」「toyota.co.jp」「lexus.jp」「gazoo.com」など16種のWebサイトを運営して、顧客の多様化に対応してきた。しかしアクセスする顧客の70%が外部の検索サイトから直接やってきている状態で、これまでのWebサイトの構成では、必要とするコンテンツを提供できなくなってきていた。

 顧客のフィードバックを受けながら、etoyota.netの効果検証を重ね、顧客ニーズに合わせたタイムリーな情報提供を可能にしていきたい考えだ。

関連キーワード

検索 | ブランド戦略 | API | β版 | マーケティング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆