連載
» 2008年01月08日 11時08分 UPDATE

コミュニティーリーダーが占う、2008年大予測:ビジネスとして見るSaaS 2008年はネットワーク効果が鍵

2008年普及のしきい値を超えそうなSaaSが注目だ。プラットフォーム製品として大きく成長するための「ネットワーク効果」の重要性が改めて見直されることになりそうだ。

[根来龍之,ITmedia]

 補完製品の存在をする製品をプラットフォーム製品と呼ぶ。2008年は、企業システム分野では「SaaS(Software as a Service)」が、プラットフォーム製品としてさらに大きく成長するだろう。

 ユーザーはプラットフォーム製品を選択する際、製品自身の機能だけでなく「ネットワーク効果」がもたらす便益も購入基準にする。2008年にSaaSが普及のしきい値(性質が変わる普及量)を超え、「ネットワーク効果」の重要性が見直されることになりそうだ。

「直接」と「間接」の2つがあるネットワーク効果とは?

 ネットワーク効果というのは「製品の利用者のネットワークの拡大によって増加する利用者の便益のこと」だ。古典的な例を挙げるなら、電話を考えればよい。電話はみんなが使っているから誰とでも話ができ、コミュニケーションツールとして便利なものになる。

 その便利さは電話の個々のハードが持っている機能ではなく、利用者の数が決める。1人しかもっていないならば、電話には何の効用もない。ネットワーク効果は、製品やサービスの提供者である企業が直接提供するものではないので、ネットワーク「外部性」ともいわれる。

 ネットワーク効果は「直接ネットワーク効果」と「間接ネットワーク効果」の2つに分類できる。上記の電話の例は、対象製品の利用者数の拡大が直接もたらす便益であり、直接ネットワーク効果である。これに対して、間接ネットワーク効果は、対象製品の利用者数ではなく、そのプラットフォーム製品を前提にした補完製品・サービスの種類や質が増えることで拡大する便益のことである。

 2008年にSaaSの成長を通じて見直されることになると思うのは、特に「間接ネットワーク効果」の方である。SaaSの浸透は、会計ソフトとCRMソフトという特定分野で進んできたが、2008年はERPでもSaaSの浸透が進むだろう。

 SaaSは、既存企業では切り替えコストがあるのでそう簡単には急速に浸透することはないが、新しく事業を始める会社やIT化をこれから進める中小企業にとっては意味が大きい。ERP分野のSaaSにとっては2008年が「しきい値」を超える年になるのではないだろうか。

SaaSのキーポイントは「マッシュアップ」

 SaaSは「機能」売りであること、ネット経由であること、マルチテナント(複数利用者がハードを共有)で安価に提供されるという、「ネットのあちら側の世界」としての性質ばかりが注目されているが、「マッシュアップ」の活用という側面も無視すべきでない。

 マッシュアップとは、ネット上で提供されているデータベースやソフトを組み合わせて、新しいソフトウェアやサービスを提供することを言う。マッシュアップを促進するために、SaaSベンダーは自社のソフトウェアのインタフェース(API)を公開している。

 ASPは事業者側が提供する標準的サービスをそのまま利用するしかない「プレタポルテ(既製服)」的なものだった。しかしSaaSはそのプラットフォーム上で提供される補完アプリケーションを組み合わせて、自分の企業にあったシステムを構築できる方向へと進化している。「ネットのあちら側」が「オートクチュール(注文服)」へと変化しているのである。

 既製服は安くて良いのだが、自分にぴったりのものがなかなかないというのがデメリットである。特に、日本の企業は自分の会社にあったシステムを構築することを基本方針にしてきたので、このデメリットは致命的な側面があった。SaaSプラットフォーム上に補完アプリケーションをマッシュアップさせて、自社にあったシステムを構築できる世界の進展によって、SaaSはさらに魅力を増していくだろう。

 既存パートナーとのしがらみでAPIを公開できないような、SaaSアプリケーションは間接ネットワーク効果を得られず、淘汰されていくことになる。また2008年は、SaaSに本腰を入れられないパッケージベンダーも、自己否定をしてでもSaaS戦略を急がざるを得なくなるはずである。

根来龍之教授が主催するエグゼクティブ・コミュニティー

th_fig01.jpg

ITと経営

早稲田大学IT戦略研究所は、経営学の観点からITが経営にどう影響するか、ITを経営にどう活用するかを研究しています。このコミュニティーでは、「ITと経営」の関係をめぐって、広い視点から議論したいと思います。


関連キーワード

SaaS | 経営 | マッシュアップ | API | ERP | IT戦略 | ベンダー | ASP | CRM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆