ニュース
» 2008年01月16日 16時28分 UPDATE

スパムメール対策に取り組む藤沢市役所

藤沢市役所は、スパムメール対策としてメールセキュリティゲートウェイを導入。全体の70〜80%を占めていたスパムメールを排除できており、誤検知もほどんどなく運用できているという。

[ITmedia]

 藤沢市役所は、スパムメール対策としてアプライアンス型の電子メールセキュリティゲートウェイを導入。全体の70〜80%を占めていたスパムメールを排除でき、誤検知もほとんどない状態で運用できているという。

 同市役所は2006年に、職員ポータルシステムとして利用していたグループウェアの刷新に合わせ、職員個人に電子メールアドレスを付与した。その後、スパムメールの増加が問題となり、2007年2月から本格的なスパム対策の計画に着手していた。

 当初から導入や運用管理が容易なアプライアンス型ゲートウェイシステムに着目し、スパム対策機能、スパム検知率/誤検知率、5年間の総所有コスト(TCO)を評価。入札によってミラポイントジャパンの「Mirapoint RazorGate」を選定していた。

 新システムでは、高可用性を確保するために2台のコールドスタンバイ構成とし、「Mirapoint RAPID Anti-Spam」を中核とする多層防御でスパムメールを排除するかたちで運用しているという。

関連キーワード

スパム | アプライアンス | 自治体 | 可用性 | TCO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆