ニュース
» 2008年01月17日 12時53分 UPDATE

“バーチャルものづくり”で製品開発の期間短縮を支援

富士通は、3次元仮想検証シミュレーター「VPS」の最新版「V11L14」の販売を開始した。試作機を用いないバーチャルなものづくりを可能にして、開発期間短縮とコスト削減を支援する。

[ITmedia]

 富士通は1月16日、3次元仮想検証シミュレーター「VPS」(Virtual Product Simulator)の最新版「V11L14」の販売を開始した。試作機を用いないバーチャル(仮想的)なものづくりを可能にして、開発期間短縮とコスト削減を支援する。

 V11L14では、ユニット間の干渉チェック機能を強化しており、部品レベルだけでなく、製品完成モデルとして仮想検証できる点が新しいほか、64ビット対応によって従来の3次元CADでは困難だった大規模データの検証も可能になった。

th_fig001.jpg V11L14

 操作性も向上されており、実機を操作するイメージで組立・分解検証を行える。生産部門、製造部門、保守部門などの製品開発に携わる部門がVPS上の部品属性情報などの設計情報を共有する3次元データコミュニケーションツールとしても活用できるという。

 富士通では「PLMソリューション」のラインアップに新VPSを加えて販売していく。

 近年の製造業は、機能向上や製品サイクルの短期化によって製品開発工数が増大する一方で、製品競争力強化のために開発期間の短縮とコスト削減の取り組みが欠かせなくなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆