ニュース
» 2008年01月22日 21時06分 UPDATE

外付型ストレージ市場をけん引する金融システム統合やDR投資 大手製造もファイルデータ増加に積極対策

IDC Japanによると、2007年上半期は金融や大手製造業がデータ保護や災害対策、ストレージ統合などを積極化、外付型ストレージ市場のけん引役になったという。

[ITmedia]

 IT専門調査会社IDC Japanは1月22日、2007年上半期国内産業分野別の外付型ディスクストレージシステム投資動向調査の結果を発表した。

 2007年上半期は、金融や大手製造業を中心にデータ保護や災害対策、ストレージ統合などの投資が積極化し、市場をけん引した。産業分野別投資構成比でみると、それぞれ昨年同期比1.6ポイント、1.4ポイントの増加。金融機関ではシステム統合に伴うストレージ統合、災害対策、製造ではファイルデータ増加への対応が進んだ。

th_fig001.jpg 国内外付型ディスクストレージシステム市場 産業分野別投資構成比、2006年上半期と2007年上半期(出典:IDC Japan)

 特に、組立製造や銀行の投資額が前年同期比で14.9%増、22.4%増と大きく膨らんでいる。一方で、官公庁の投資は前年同期比で26.7%の大幅減。メインフレーム・ディスクストレージシステム投資の大幅減少が要因としている。

 IDCでは、2006年〜2011年までの国内外付型ディスクストレージは年間平均成長率は1.6%で成長すると予測。企業規模別では、従業員数1000人以上の大企業が投資の80%近くを占めている状態で、今後もその傾向は続きそうだという。

th_fig002.jpg 2007年上半期 国内外付型ディスクストレージ企業規模別 投資額構成比(出典:IDC Japan)

関連キーワード

投資 | ストレージ | 災害 | 製造業 | BCP | 事業継続


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆