ニュース
» 2008年02月05日 16時26分 UPDATE

全社規模のノウハウ共有でシステム開発工数削減へ、住商情報システム

住商情報システムは、個人の知識・ノウハウ共有する全社情報共有基盤を構築。組織を超えた全社規模で共有して、同社の手掛けるシステム開発工数の削減を狙う。

[ITmedia]

 ITサービスを提供する住商情報システムは、個人の知識・ノウハウ共有する全社情報共有基盤を構築した。組織を超えた全社規模で共有して、同社が手掛けるシステム開発工数の削減を狙う。

 全社基盤として採用したのは、リアルコムの「REALCOM KnowledgeMarket」。200人規模の一部門で先行導入し効果を検証していたが、情報共有基盤によって組織を超えたノウハウ共有が活発化、問題解決までの時間が短縮され、結果としてシステム開発工数が削減につながることが分かったという。

 全社展開にあたっては、製品やソリューションごとの情報をコミュニティーポータルに集約し、技術分野や業務内容ごとにカテゴリを設置。担当者間のQ&Aやドキュメント共有、エキスパートのKnow-Who機能などを使って、同社約3000人で共有する。

 これにより、業務の品質・コスト・スピードの改善だけでなく、仲間意識や助け合いの風土の醸成なども狙う。

関連キーワード

コミュニケーション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆