ニュース
» 2008年02月21日 16時53分 UPDATE

造幣局、基幹ネットワーク更新でグリーンIT推進

造幣局は、将来のネットワークの高度化に備え、基幹ネットワークを更新した。信頼性や帯域の強化だけでなく、環境負荷にも考慮した。

[ITmedia]

 独立行政法人造幣局は、将来のネットワークの高度化に備え、基幹ネットワークを更新した。信頼性や帯域の強化だけでなく、低消費電力の機器を選択し環境負荷にも考慮した。

 構築を担当したアラクサラネットワークスとインターネットイニシアティブ(IIJ)が2月21日発表した。両社は、本局・東京支局・広島支局の基幹ネットワーク部分を構築したという。

 造幣局は、業務のネットワーク依存が高まっていることからネットワークの信頼性を確保するため、機器の冗長化を図ったほか、将来的な帯域を確保に向け、すべてで光ファイバーによるネットワーク構成をとれるようにした。

 グリーンITも推進しており、低消費電力のネットワーク機器を採用した。また、行政ネットワークのIPv6化を見据えて、IPv4/IPv6デュアルスタック環境に対応した。

関連キーワード

グリーンIT | IPv6 | 光ファイバー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)「Amazon Echo」「Google Home」をプレゼント! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆