ニュース
» 2008年03月03日 16時30分 公開

楽天バンク@TTB、異常取引監視ソフトウェアを導入 振り込め詐欺対策で

楽天バンク@TTBは、振り込め詐欺などに同社の口座を利用されることを防ぐため、異常取引を発見するモニタリングソフトウェアを導入した。

[ITmedia]

 東京都民銀行楽天支店(楽天バンク@TTB)は、振り込め詐欺などの異常取引を発見するモニタリングソフトウェア「アカウントプロテクター」を導入した。同ソフトウェアを納入したNCEが3月3日に発表した。

 アカウントプロテクターは、金融機関での犯罪実例を基に、偽造(盗難)キャッシュカード、不正振り込み、疑惑口座に関する取引を17の標準ルールでパターン化、異常取引を検知する。楽天バンク@TTBでは、これを利用して、偽造キャッシュカードによる被害の発生や振り込め詐欺などに同社の口座を利用されることを防ぐ。

 NECによると、同ソフトウェアは最小限の変更で機能を付加できる外付けファイル転送方式を採用しており、既設の勘定系システムに影響されることなく導入できるという。楽天バンク@TTBはノンカスタマイズで適用しており、2カ月で導入を完了したという。

関連キーワード

楽天 | NEC(日本電気) | 標準


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆