ニュース
» 2008年03月06日 17時02分 UPDATE

EBMで顧客行動に先回り 横浜銀行

横浜銀行は、取引情報の変化から顧客ニーズをとらえるEBMシステムを本格稼働させた。顧客の変化をいち早くとらえ、先回りできるようにする狙い。

[ITmedia]

 横浜銀行は、取引情報の変化から顧客ニーズをとらえるイベント・ベースド・マーケティング(EBM)システムを本格稼働させた。SAS Institute Japanの「SAS Customer Intelligence」を活用した。

 近年、銀行業界は取り扱える金融商品が多様化、顧客1人1人に対し適切なタイミングで適切なサービスを提供して競争する時代に入っている。横浜銀行では、顧客属性情報、購買商品、購買行動などの変化(イベント)をニーズの発生や離反の予兆をつかみ、顧客行動に先回りして手を打てるようにする。

 EBMシステムの導入にあたって同行は、分散していた顧客データベースを統合。さらに、情報配信につながる効果的なイベントを定義するために、過去の実績やテストマーケティングから17個のイベントを定義したという。

 今後は、浜銀総合研究所、エヌ・ティ・ティ・データ・フォース、SASの3社がイベントの研究・開発、システムの運用を行なっていく予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆