ニュース
» 2008年03月24日 16時25分 UPDATE

若い女性など中国富裕層向けのネットモールを開設 ポインテージ

新ビジネスで中国の富裕層の獲得を目指す。現地の通信会社や出版社と連携して、ポインテージがショッピングモールサイトを立ち上げる。

[ITmedia]

 インターネットを使ったポイントサービスを提供するポインテージは、中国の富裕層向けネットモール「BBJ365.CN」を4月1日に開設する。上海エリアで支持されているポータルサイト「上海熱線(オンライン)」、上海文芸出版総社と講談社が共同発行する女性誌「秀with」と提携してビジネス拡大を図る。

 BBJ365.CNは、複数企業が出店して商品をネットで販売するショッピングサイト。これまで、日本の企業が個別に中国のポータルサイトにEC(電子商取引)サイトを開設し自社商品を販売するケースはあったが、複数企業による出店方式は初めてという。若い女性を主要なターゲットにしており、ファッション、アパレル、コスメ雑貨、ギフトなどの商品を中心に扱う。中国で普及している銀行カード「銀聯(ギンレン)」によるデビット決済が特徴だ。

 出店企業は、商品の画像データと説明テキストをポインテージに送信すれば、テキストが中国語に翻訳されて出品される。商品は日本国内の指定物流センターを経由し、1週間で中国の消費者に配送される。

上海の若者に人気のポータルサイト「上海電線(オンライン)」 上海の若者に人気のポータルサイト「上海電線(オンライン)」

 上海熱線は、通信キャリア大手の中国電信(チャイナテレコム)の子会社である上海電信が運営する。登録会員は1200万人で、1日のアクセス数は76万件。秀withは発行部数が15万部以上で、日本のファッション、文化、流行に関心を持つ若いOL、女子大生に人気が高い。

 ポインテージは、2008年8月の北京オリンピックまでに1000店舗、2010年の上海万国博覧会までに5000店舗の出店を見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆