ニュース
» 2008年03月25日 11時45分 UPDATE

日産自、カスタマーサービス機能を集約した新施設を稼働

国内市場での販売不振にあえぐ日産自動車は、顧客サービスを強化し活路を見いだす。

[ITmedia]

 日産自動車は3月24日、顧客サービスの迅速化と販売会社のサポート強化を図るために「日産カスタマーサービスセンター(NCSC)」を2007年12月に神奈川県横浜市に開設し、このたび本格稼働したと発表した。開設に伴う投資額は9億円。

 NCSCは、これまで国内に点在していたお客様相談室、販売会社の修理支援機能、サービス技術機能を集約した。これにより、ユーザー情報や修理情報などを相互に共有し、サービス技術の強化やサポートの迅速化を狙う。

 お客様相談室では、商品情報のデジタル化や新電話対応システムの導入などにより、問い合わせ対応時の時間短縮を図る。修理支援機能では、数拠点の技術センターから人員をNCSCに集め、修理支援を行うための新設備を導入した。これにより、各技術センター間の修理情報を共有し、不具合の解析能力が向上したとしている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

日産自動車 | 製造業 | 投資


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆