ニュース
» 2008年04月04日 00時02分 UPDATE

中国のATMが指紋認証セキュリティを実装 DDSが導入

日本のセキュリティ技術が中国へ。中国の大手ATMメーカーは指紋認証を手掛けるDDSと包括的な提携を結び、中国の金融機関に対してセキュリティサービスを展開していく。

[ITmedia]

 指紋認証エンジンを提供するディー・ディー・エス(DDS)は4月2日、中国のATMメーカー大手のLead Cash(北京立徳金融設備系統有限責任公司)と協業し、ATM関連機器に指紋認証セキュリティを導入すると発表した。

 Lead Cashは、近年急速な拡大が見込まれる中国のATM市場に対して、安全性が高く使いやすいATM機器の投入を目指していた。日本で実績の高いDDSの独自技術「ハイブリッド指紋認証方式」に注目し、同社と資本、技術、販売に関する包括的な提携を結ぶ運びとなった。これを契機に、ATMネットワークを利用したデビットカード、クレジットカードの指紋認証決済端末などのビジネスモデルも検討する。

 Lead Cashは、1994年に中国国家の資本により初めて設立されたATMメーカー。中国工商銀行、中国建設銀行などほとんどの主要銀行で導入実績がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆