ニュース
» 2008年04月12日 00時45分 UPDATE

IBM IMPACT 2008 Report:「顧客の立場でプロセスを見直すのがSOA」――ハーレーダビッドソンCIO

世界中のバイクフリークから愛されてやまないハーレーダビッドソン。ビジネスにおいては何よりも「顧客志向」が重要だという。

[伏見学,ITmedia]

 大規模システムのソフトウェア部品や機能を相互に連携させて全体の最適化を図るのがSOA(サービス指向アーキテクチャ)の考え方だ。どうしても技術的な内容がクローズアップされるが、大切なのはSOA導入によりビジネスプロセスがどう変わるかである。

ハーレーにまたがり、さっそうと登場したジム・ヘイニーCIO ハーレーにまたがり、さっそうと登場したジム・ヘイニーCIO

 米IBMは4月7日(現地時間)、ユーザー企業やパートナー向けにSOAカンファレンス「IMPACT 2008」を開催した(関連記事12)。ユーザーゲストとして登場した米HARLEY-DAVIDSONのジム・ヘイニーCIO(最高情報責任者)は、「SOAはテクノロジーだけの話ではない。顧客視点でプロセスを見直すのがSOAの役割だ」と強調した。

 同社は、自社のユーザーに向けたWeb上の地図情報サービス「Rider Planner」でSOAの考え方を取り入れている。同サービスでは、ほかのWebサービスをマッシュアップして、イベントの計画、ロードマップの作成、ホテルの予約、バイク販売店やガソリンスタンドの検索などが実行できる。「システムやアプリケーションだけではなく、エンドユーザーが何を求めているかを考えて、ビジネスプロセスを効率化しなければならない」とヘイニー氏は説明した。

「Rider Planner」のサンプル画面 「Rider Planner」のサンプル画面

 ハーレーの愛好家たちは、自身のバイクに実装したGPS(全地球測位システム)にRider Plannerのサービスを取り込むことで、アメリカ全土で快適なツーリングを享受できるという。

 「ユーザーやサプライヤーの視点に立つことが、より豊かなビジネスを生み出すためには必要だ」(ヘイニー氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆