ニュース
» 2008年04月15日 00時00分 UPDATE

IBM IMPACT 2008 Report:SNSサービスでSOA普及を目指すIBM 近日中にポータルサイトも

IBMは新たにソーシャルネットワークを立ち上げSOAの推進を加速する。SOA関連のコミュニティーなどを束ねるサイトの構想も明らかにした。

[伏見学,ITmedia]

 米IBMは4月7日から11日(現地時間)までネバダ州ラスベガスで開催したSOA(サービス指向アーキテクチャ)カンファレンス「IMPACT 2008」において、ユーザーや開発者、ビジネスパートナー、学生などがSOAの知識や情報、ベストプラクティスを共有するためのソーシャルネットワーク「IBM SOA Social Network」を発表した。

「コミュニティーが求めるものを常に提供したい」と強調するサンディ・カーター氏 「コミュニティーが求めるものを常に提供したい」と強調するサンディ・カーター氏

 SOA Social Networkはオープンなネットワークで、SOAに関心のある者なら誰でも無料で参加できるのが特徴だ。現在IBMでは、12万人以上の設計者および開発者、134以上の大学、5000以上のビジネスパートナーを擁したSOAコミュニティーを運営する。SOA&WebSphereの戦略チャネルマーケティング担当副社長であるサンディ・カーター氏は「これまでは設計者や開発者が中心メンバーとなっていたが、今後は(SOA市場のシフトとともに)ビジネスアナリストの参加が増加する」と方向性を示した。

 同ネットワークは、新興市場となるブラジル、ロシア、インド、中国、中近東などを含む120カ国以上に広がっているが、「(米国も含め)SOAのスキルセットはまだまだ足りない」(カーター氏)という。そこでIBMは、学生やプロフェッショナルに対し、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)とビジネスイベントという2つの領域に関わるビジネスとITのコアスキル向上を支援するゲーム「Innov8」を提供していく。

 新サービスの目的は何か。SOA&WebSphereのマーケティングディレクターを務めるジョン・ゴードン氏は「Web上で利用者同士がSOAの情報を共有したり、人材を探したりするのが主目的となる。(IBMとしては)商用利用を意識しておらず、あくまでSOA製品へのフィードバックを今後の改善につなげたいだけだ」と述べた。

 またゴードン氏によると、SOAに関するほかのブログやコミュニティーを結ぶポータル的なプラットフォーム「SOA Online Exchange」を5月末までに立ち上げるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆