ニュース
» 2008年05月01日 13時38分 UPDATE

東京海上が情報共有システムを全面刷新、代理店との関係強化

これまで代理店との情報共有が不足していた東京海上は、共通のシステムを構築・運用することで連携の強化を図る。

[ITmedia]

 東京海上日動火災保険は4月30日、代理店との連携を深めるために、情報共有システムを全面刷新するほか、学習用の動画配信サービスを提供する。共に5月から運用を開始する。

 新システム「情報ハイウェイ」は、社員、代理店ともに共通のシステムで、同じ情報を同じタイミングで入手し、リアルタイムでコミュニケーションが図れるようになるという。現在は、代理店に対して「Tokiomarine-nichido Highway(TNH)」というシステムを通じて情報を提供しているが、社内イントラネットで社員が情報を共有するシステムとTNHがまったく別ものであったため、代理店との十分な情報共有ができていなかった。

 新システムは、リアルコムの企業向け情報共有システム「Knowledge Market」をベースに、同社と日本IBMが共同で構築した。カスタマイズにより、代理店システムを利用している約40万IDに対応可能となった。

 e-ラーニングおよび動画配信サービスは、約40万人が利用可能な動画配信システムを新たに開発し、これまでの活字ベースの情報発信ではなく、動画やアニメーションを多用していく。従来から代理店のレベルアップならびに顧客へのサービス向上のために、さまざまな保険知識などを学習できるe-ラーニングシステムを提供していたが、大人数の利用に耐えられる仕組みではなく、利用者ごとの学習記録の保持などもできなかった。

 システム構築は富士通が担当し、同社のe-ラーニングシステム「Internet Navigware」と動画配信サービスを活用した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆