ニュース
» 2008年05月07日 11時21分 UPDATE

SOAは欲張らず、こつこつと

人材やスキルの欠如、部門間のコミュニケーションエラーなどから日本企業でなかなか普及しないSOA。一度にすべてを解決しようとせず、地道な積み重ねが重要だという。

[伏見学,ITmedia]

 企業の業務とシステムを管理可能な単位に分解し再構成するエンタープライズSOA(サービス指向アーキテクチャ)は、ビジネスを支えるための基盤として重要な役割を果たす。しかし、SOAの考え方や技術自体は新しくないにもかかわらず、さまざまな原因から、企業での導入が進まないという現状がある。

 日本オラクルは4月16日、ITシステム部門や経営企画部に向けたセミナー「SOA Boot Camp」を開催した。SOAアーキテクト部で担当シニアディレクターを務める小野沢博文氏は、「スモールスタートが肝心」とSOAを導入する上で重要となるこつを示した。

段階的なSOA推進を強調する小野沢博文氏 段階的なSOA推進を強調する小野沢博文氏

 SOA導入時の問題として、現行システムがスパゲティ状態で複雑になりすぎてどこから手を付ければいいか分からない点、IT部門とビジネス部門など複数の事業部門にまたがる調整が難しいという組織的な点、検討すべき領域が広くすべてをカバーできなかったり、個別のアーキテクチャは作れるが全体の「To Be(理想モデル)」を描けないという人材・スキルに起因する点などが挙げられる。

 小野沢氏はこれらの障壁を乗り越えるために、ビジョンを明確に描きスモールスタートで実行していくこと、メリット・デメリットを含めSOAのビジネス価値を経営者に理解してもらうこと、ビジネスとITの双方で構成するプロジェクトを確立することが大切だと強調した。

 「(SOA)は欲張って一度にやろうとせず、こつこつと段階的に整備していくべき」(小野沢氏)

 ただし、やみくもなスモールスタートでは意味がなく、自社の現状と将来のロードマップを把握することが重要だという。同社は、組織がSOAからどれだけの利益を引き出すことができるかを評価するためのツール「オラクルSOA成熟度モデル」を活用して、成熟度把握から導入プロジェクトの策定、ROIシミュレーション、今後のロードマップの策定を2〜4週間で実施するアセスメントサービスを提供する。

オラクルが提供するSOA成熟度モデル オラクルが提供するSOA成熟度モデル

 SOA成熟度モデルは、もともと同社とアクセンチュアが保険会社のハートフォード生命保険向けに構築したもの。初期段階の「レベル1」から最適なビジネスモデルを実現する「レベル5」までのロードマップの期間は5年と考えているという。小野沢氏は「同モデルは数年前に作られたが、時代に合わせて常に微調整している」と説明した。

SOA導入のロードマップ例 SOA導入のロードマップ例

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆