ニュース
» 2008年05月09日 00時10分 UPDATE

シニア層の3割がゲーム機を利用――頭の運動や家族との対話に

ひと昔前とは異なり、高齢者も家庭用ゲーム機で楽しむ時代となった。遊ぶ理由はさまざまで、中には生活に密着した目的で利用するケースも見られる。

[ITmedia]

 インターネット調査会社のネットエイジアは5月8日、シニア世代を対象に実施した「ゲーム機に関する実態調査」の結果を発表した。ターゲットになったのは、50〜79歳の男女500名(各250名)。調査によると、全体の33%が据え置き型のテレビゲーム機を、36%が携帯型ゲーム機を所有しているという。

 据え置き型は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション2」が22.8%で多く、次いで「プレイステーション」(同)が10.0%、3位が「Wii」(任天堂)で8.6%となっている。携帯型では、「ニンテンドーDS Lite」(任天堂)が12.6%、「ニンテンドーDS」(同)が10.4%と、DSだけで23.0%を占めた。次いで「PSP」(SCE)が4.8%となっている。携帯型の所有については、男女で差が出ている。女性はDSが28.0%、PSPが3.6%で、男性はDSが18.0%、PSPが6.0%だった。

 ゲーム機で遊ぶ理由について、テレビゲーム機は、「意外に面白いから」との回答が最も多く65.1%、次いで「家族と遊べ(ママ)共通の話題になるから」が24.5%、「頭のトレーニングとして」が20.8%、「体を使えるから」が16.0%となっている。携帯型では、「頭のトレーニングとして」との回答が76.8%と圧倒的に多く、次いで「意外に面白いから」が49.1%、「家族と遊べ共通の話題になるから」が16.1%だった。

ゲーム機の所有状況(n=500名、複数回答、%) ゲーム機の所有状況(n=500名、複数回答、%)

 利用頻度は、55.7%(回答者106名)がテレビゲーム機で「週1回以上」遊ぶと回答。1日に遊ぶ時間は平日が約55分、休日が約76分となっている。携帯型で「週1回以上」は62.5%(回答者112名)、遊ぶ時間は平日、休日共に約37分となった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆