ニュース
» 2008年05月21日 10時53分 UPDATE

「ビジネスへの貢献こそがCIOの責務」――日産の行徳CIO (1/2)

情シス部門をワールドクラスにすることを目指す日産は、グローバルでの開発を拡大しながらも業務プロセスの標準化を強力に推し進めていく。

[伏見学,ITmedia]

 日産自動車が2008年5月に発表した決算数字は、現在直面する諸問題を反映している。円高や原材料高の影響で2009年3月期の連結純利益は3400億円(対前期比で29%減)となり、2期ぶりの減益に転じる。同社は新たな5カ年計画「日産GT2012」を公表し、売上高を年で平均5%ずつ増やす目標を掲げた。

 90年代、業績不振に苦しんだ日産が、カルロス・ゴーン社長の下で劇的にV字回復した際、重要な役割を果たしたのが「日産リバイバルプラン」として示された中期経営計画だった。

 その後、「日産180」「日産バリューアップ」と次々に経営計画を打ち出した同社は、常に目標を明確化し、戦略的な投資やアプローチを行ってきた。これらのビジネスを支えるITシステムにもてこ入れがなされたのは言うまでもない。


 5月15日、東京ビッグサイトで開催された「データウェアハウス&CRM EXPO」の基調講演に日産の執行役員CIO(最高情報責任者)でグローバル情報システム本部本部長の行徳セルソ氏が登場。2004年に現職に就任した行徳氏は、2010年にワールドクラスの情報システム部門を作るという目標を掲げ、「BEST」と呼ばれる戦略を推進する。行徳氏は「BESTによるビジネスへの貢献はCIOとしての責務だ」と意気込んだ。

BEST戦略について説明する行徳氏。時折笑顔も BEST戦略について説明する行徳氏。時折笑顔も
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆