連載
» 2008年05月26日 07時00分 UPDATE

問われるコーチング力:あなたは部下の変化に気付いているのか? (2/2)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

欲求を満たすのは「行動」と「存在」に興味を持つこと

 つまり、日常のマネジメントでは、「所属」と「承認」の欲求の区別を意識することなく、欲求を満たす行為をすれば良い。「所属」または「承認」欲求を満たしてあげる方法は2つある。「行動に対するもの」と「存在に対するもの」だ。

 前者は、相手が行った行動に対して取る行為。例えば、「褒める」「感謝する」「表彰する」など。後者は、相手が存在していることそのものに対する行為。例えば、「名前を呼ぶ」「部下の変化に気付く」「メールの返事をする」「相手の話をよく聴く」「相談する」「誕生日におめでとうと伝える」「相づちを打つ」など。

 こう書くと、ごく当たり前のことのように思うかもしれない。しかし、頭では分かっていても、実行するとなると、そう簡単ではないものだ。

 なぜ簡単ではないかというと、「行動に対するもの」と「存在に対するもの」のいずれも相手を普段からよく見て、興味を持っていないとできないことだからである。つまり、「観察」が大事なのだ。「When(いつ)」「What(何を伝えるか)」が的を射ていないと、拒否反応を生み出してしまうことにもなる。

 私が最初に質問したQ.2とQ.3は、「観察」の大切さをご理解いただきたいためにしたものだ。

 「観察」のポイントは、変化を把握することである。変化は、「髪を切った」「風邪をひいた」という身なりや体調に関連するものから、「一人で営業ができるようになった」「手直しなしで企画書を作成できるようになった」など仕事に直接関係するものなどさまざまである。管理職としては、仕事に関係するしないにかかわらず、変化を察知し、見ていたことを言葉にして伝えてほしい。

 上記の例で言えば、「髪を切ったんだね」「風邪をひいてるようだけど、大丈夫か?」「一人で営業ができるようになったね」「手直しなしで企画書を作成できるようになったな」など。

 「観察」をすれば、コーチングのテクニックがうまくなくても効果が出るはずだ。まずは部下が変化したその事実を部下に伝えてあげてほしい。


プロフィール

th_hosokawa.jpg

細川馨(ほそかわ かおる)

ビジネスコーチ株式会社代表取締役

外資系生命保険入社。支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。2005年に当社を設立し、代表取締役に就任。コーチングを勤務先の保険会社に導入し、独自の営業システムを構築、業績を著しく伸ばす。業績を必ず伸ばす「コンサルティングコーチング」を独自のスタイルとし、現在大企業管理職への研修、企業のコーポレートコーチとして活躍。日経ビジネスアソシエ、日経ベンチャー、東商新聞連載。世界ビジネスコーチ協会資格検定委員会委員、CFP認定者、早稲田大学ビジネス情報アカデミー講師。


前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆