ニュース
» 2008年06月14日 15時17分 UPDATE

岩手・宮城内陸地震 :日立電子サービス 宮城県の東北支社に現地対策本部を立ち上げ

日立電子サービスは6月14日8時43分頃に発生した岩手・宮城内陸地震で宮城県の東北支社に現地対策本部を立ち上げた。

[ITmedia]

 日立電子サービス広報グループによると、この対策本部は、仙台市青葉区にある東北支社で、発生後から約20分後の9時2分に立ち上げられた。

 同グループは、14日午後1時現在、顧客情報システムにおける大規模な被害は確認されていないと発表したが、同日午後3時過ぎの段階でも、大規模なシステム上の被害は報告されていないという。現在確認されているのは、パソコンやサーバが一部倒れたりするなどの被害にとどまっているとのことだ。

 同社は金融関連企業の顧客も抱えており、ATMも含めた被害状況についても注視し、引き続き現地のカスタマーエンジニアと連携し、災害対策を実施していくという。また、日立電子サービスの岩手、宮城地域の社員100数十名の安否は確認され、全員無事とのことだ。

taisaku.jpg 東北支社災害対策支援席の様子

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆