ニュース
» 2008年06月17日 11時35分 公開

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:「レガシーシステムの方が良かったという声も」――経産省の情報政策課企画官

ITによる企業の「全体最適」が叫ばれる一方で、日本企業の多くはいまだ部門内最適の域を抜け出していない。業務プロセスのやみくもな見える化が悪循環を引き起こしているという。

[ITmedia]

 5月29日、「拡大する企業間格差 〜勝ち残りのカギは企業変革、それを支える事業基盤とは」をテーマにした経営層向けのセミナー「ITmedia エグゼクティブ ラウンドテーブル」(主催:アイティメディア)が開催された。基調講演に登壇した経済産業省 商務情報政策局 情報政策課の村上敬亮企画官は、企業全体の最適化を目指す「IT経営」の現状と課題について説明し、「ただやみくもに全体最適しようとする必要はない」と提言した。

 企業のITシステムをレガシーからオープンへ移行した結果、業務フローが把握できなくなってしまった企業も多いという。なぜそうした事態に陥ってしまったのだろうか……?


続きを読む

※「ITmedia エグゼクティブ会員」(無料)の方のみ全文をお読みいただけます。ご登録(無料)やログインの方法はこちらをご覧ください。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆