ニュース
» 2008年06月18日 11時35分 公開

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:戦略は変化を、システムは安定を求めている

多くの企業がレガシーシステムからの脱却を求めている。しかし、早稲田大学の根来氏は「変わりたがるシステムはない」とビジネス環境とのギャップを指摘する。

[ITmedia]

 企業が継続的に事業を推進する上で永遠の課題ともいえるのが「全体最適」だ。EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)やSOA(サービス指向アーキテクチャ)といった手法によって、企業のレガシーシステムを最適化する動きが見られる。

 ただし、必ずしも組織やシステムを一枚岩にすることではなく、標準化する部分と個別化する部分を明確に区別して、うまく組み合わせることが重要である。

 企業の経営層に向けたセミナー「第8回 ITmedia エグゼクティブ ラウンドテーブル」(主催:アイティメディア)が5月29日に開かれた。講演の中で早稲田大学IT戦略研究所所長の根来龍之氏は、企業システムの最適化について見解を示した。


根来教授が考える企業システムのあり方とは?

※「ITmedia エグゼクティブ会員」(無料)の方のみ全文をお読みいただけます。ご登録(無料)やログインの方法はこちらをご覧ください。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆