ニュース
» 2008年06月18日 11時35分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:戦略は変化を、システムは安定を求めている

多くの企業がレガシーシステムからの脱却を求めている。しかし、早稲田大学の根来氏は「変わりたがるシステムはない」とビジネス環境とのギャップを指摘する。

[ITmedia]

 企業が継続的に事業を推進する上で永遠の課題ともいえるのが「全体最適」だ。EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)やSOA(サービス指向アーキテクチャ)といった手法によって、企業のレガシーシステムを最適化する動きが見られる。

 ただし、必ずしも組織やシステムを一枚岩にすることではなく、標準化する部分と個別化する部分を明確に区別して、うまく組み合わせることが重要である。

 企業の経営層に向けたセミナー「第8回 ITmedia エグゼクティブ ラウンドテーブル」(主催:アイティメディア)が5月29日に開かれた。講演の中で早稲田大学IT戦略研究所所長の根来龍之氏は、企業システムの最適化について見解を示した。


根来教授が考える企業システムのあり方とは?

※「ITmedia エグゼクティブ会員」(無料)の方のみ全文をお読みいただけます。ご登録(無料)やログインの方法はこちらをご覧ください。


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆