連載
» 2008年07月17日 18時59分 UPDATE

Tips of SOX:出来の良いRCMの持つ2つの側面 (1/2)

システムが不変ではない以上、SOX対応における文書も更新していく必要がある。RCMの記述でも、更新作業で記載漏れなどが起こらない手立てを考えていく必要がある。

[平安彦,ITmedia]

システムの名前は俗称に過ぎない

 前回に引き続き、RCM(Risk Control Matrix)作成のポイントについて述べたいと思います。

 システムには名前が付いていることが多いと思います。それは役割についた名前であったり、構築当初のプロジェクト名だったり、さまざまだと思います。しかし今日においてシステムは単独で存在するものではなく、他システムとの連携が普通に行われています。その方法もまたさまざまであり、時にはデータを受け渡すだけではなく、直接データベースを共有しているような場合もあるでしょう。また他システムにアクセスするクライアントプログラムに特定の名前がついてあたかも1つのシステムのように扱われている場合もあります。

 そもそも同じ名前が付いていれば同じシステムであり、違う名前が付いていれば違うシステムなのでしょうか?例えば第○次システムのような名前もよく聞きます。これは前世代のシステムとは同じシステムなのでしょうか? きっとこのような名前ではなく、新しい名前が付いていれば違うシステムと扱われることでしょう。ここから分かることは、名前はシステムにとって俗称にしか過ぎず、名前をもって同一性、類似性、相違性を論じることはできないということでしょう。

 この問題に関しては最初によく検討していただきたいと思います。これはSOXに限ったテーマではありません。あるシステム名をもって想起される内容が必ずしも全ての人間に同じイメージを与える訳ではなく、SOX以外でも誤解のもとになっている場合があります。

 SOXでの注意点としては、例えばある既存システムの追加開発部分があたかも異なるシステムのように呼ばれている場合があります。このような場合、1つの独立したシステムとして文書化すると、コントロールの評価を行う時に失敗に気づくことがあります。独立した1つのシステムではないため、独自にコントロールの設計ができないのです。結果として「一緒に扱うべきであった」ことに気づくことでしょう。最初に分かっていれば別に文書化を行う必要がなかったはずです。

 また逆のパターンもあるでしょう。例えば1つのシステムの手続きを文書化するにあたって、同じ業務に異なる手順が存在することがあります。よく調べて見ると、1つのシステムを複数のベンダーが開発しており、ベンダーによって手続きや手続きに用いられる様式が異なっているというわけです。このような場合には、結果として「別に扱うべきであった」ということが後で気づかれることになります。システム名とはあくまで便宜的に与えられた俗称であることを意識していればこのような事象を防ぐことができるでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆