ニュース
» 2008年08月05日 15時19分 UPDATE

インフォマティカが奪首、2強時代が続くETL市場 ITR調査

ITRは2007年度のETL市場動向を発表した。IBMに代わり前年の出荷金額を大幅更新したインフォマティカがトップに躍り出た。

[ITmedia]

 調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は8月5日、2007年度の国内ETL(Extract Transform Load:データの読込み、変換、書込み)市場規模およびベンダーシェアを発表した。インフォマティカが前年度首位のIBMを抜きシェアでトップとなった。

 調査結果によると、2007年度のETL市場の国内出荷金額は50億円で、前年比133.3%と大幅な伸びを見せた。ベンダー別では、インフォマティカがトップシェアを獲得した。基幹システム間のデータ連携における大型案件を複数受注したことが原動力となり、出荷金額を前年比で223.5%とした。一方でIBMは、パートナーからの販売は堅調に推移しているものの、新製品の投入が遅れ2位に後退した。

2007年度の国内ETL市場シェア(出典:ITR Market View BI市場2008) 2007年度の国内ETL市場シェア(出典:ITR Market View BI市場2008)

 ITRのシニアアナリストである生熊清司氏は、「ETL市場は、インフォマティカとIBMの2強状態が続いている。しかし最近、ETL製品はデータウェアハウス・プラットフォームだけではなく、MDM(マスターデータ管理)などを含む全社レベルでのデータ統合基盤として機能することがより重要になってきている。オラクルやマイクロソフトはRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)製品にETL機能のバンドルを行っており、今後は専業ベンダーとRDBMSベンダーとの間で競争が激しくなる」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆