ニュース
» 2008年08月13日 06時56分 UPDATE

「産学官のリーダーらに変革を促したい」とIBMのコージェルGM (1/2)

企業の競争優位の頼みは「人材」だが、IT分野における日本の人材不足はいっそう深刻だ。21世紀に求められる新たなITスキルについて産学官共同で考える人材育成フォーラムを世界各地で展開しているIBMのコージェルGMに話を聞いた。

[浅井英二,ITmedia]

グローバル化が進展して世界がフラットになると、企業の競争優位の頼みは「人材」だけになる。既に多くの日本企業がこの課題に気づき、その深刻さに頭を悩ませているに違いない。IT分野でも、インドや中国を尻目に、日本の人材不足は深刻だ。企業が事業を運営する上でITが欠かせないことは言うまでもなく、その優劣が競争優位さえ左右する。経営者はビジネス戦略の迅速な実現を情報システム部門に求めるが、適切なIT戦略を立案し、さらに経営への戦略的提言を行える人材は少ない。21世紀に求められる新たなITスキルについて産学官共同で考える人材育成フォーラムを世界各地で展開しているIBMのソフトウェアグループでISVと開発者を担当するジム・コージェルGMに話を聞いた。

corgel01.jpg 1975年入社のベテラン、コージェルGM

ITmedia IBMは、今後求められるITスキルについて産学官共同で考える人材育成フォーラムを世界各地で展開していますが、先ずはIBMと大学との関わりについて教えてください。

コージェル 大学は、IBMにとっては製品やサービスの市場であるとともに研究のパートナーでもあります。コロンビア大学にワトソン・ラボを開設したことはよく知られています。IBMの初代社長、トーマス・ワトソン・シニアが評議員を務めた関係もありました。

 また、大学に対する新しい要請としては、IBMのニーズを満たす人材育成があります。

 われわれは、世界中で最もふさわしい場所にそれぞれの機能を分散させ、適正な場所で、適正な時期に、適正な価格で経営資源を最適化する企業、つまり理想のグローバル企業を「グローバル・インテグレーテッド・エンタープライズ」と呼び、われわれ自身もその実現を目指しており、それを実現する人材を求めているのです。

 これまで大学は基礎研究に力を注いできました。コンピュータサイエンスの基礎研究に代わるものはありませんが、その土台の上に時代が求める新しいスキルの養成も欠かせないと考えています。

ITmedia 例えば、どんなスキルでしょうか?

コージェル 「システムのモダナイゼーション手法」といったIT分野はもちろんですが、「既存顧客を対象にした新しいマーケティングサービス戦略」といったようなほかの分野のスキルも考えられます。IBMでは、基礎研究に取り組む学生らに対して、大学がさまざまな分野のスキルを与えられるよう支援しています。スペインの薬科大学では、Web2.0分野のスキルを養成する講座をIBMが支援している例もあります。

 しかし、IT業界の将来を担う人材の不足は深刻さをさらに深めています。米国の大学では2004年、コンピュータサイエンスを専攻する学生が2000年と比較して32%も減りました。また、5月中旬のNew York Timesは、「ハイテク日本で技術者不足」の見出しを掲げて、日本の学生の「理系離れ」を報じています。世界各地で開催する人材育成フォーラム(6月3日には東京でも開催)は、新しいIT人材の育成に向け、各地域の産学官のリーダーらに変革を促すのが狙いです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆