ニュース
» 2008年09月17日 18時35分 UPDATE

勘定奉行の人気変わらず――中堅・中小企業の財務管理ソフト

国内のSMB企業で最も導入している財務管理アプリケーションは「勘定奉行」で、シェアの約3割を占めることが明らかになった。ノークリサーチ調べ。

[ITmedia]

 IT調査会社のノークリサーチは9月17日、2008年の国内中堅・中小(SMB)企業における財務管理アプリケーションの導入状況に関する調査結果を発表した。パッケージソフトウェア別では、オービックビジネスコンサルタント(OBC)の「勘定奉行」が29.5%のシェアを占め、続いてピー・シー・エーの「PCA会計」が11.9%、弥生の「弥生会計」が11.3%となった。勘定奉行は2007年に引き続き首位を堅持した。年商50億円未満の企業の約6割は上位3製品のいずれかを導入していることが分かった。

財務管理パッケージソフトのシェア <strong>[画像クリックで拡大表示]</strong> 財務管理パッケージソフトのシェア [画像クリックで拡大表示]

 パッケージ満足度評価のトップは弥生会計で、2位は勘定奉行、3位はPCA会計となった。導入予定のパッケージでは、勘定奉行がトップで、弥生会計、大塚商会「SMILEシリーズ」と続いた。価格や利用規模に違いはあるものの、満足度にあまり差はないとしている。

 財務管理アプリケーションは、ほかのアプリケーションと比べてパッケージ導入率が高く、シェアは9割を超えるという。

 同調査は、年商5億〜500億円のSMB企業7000社(有効回答1765件)を対象に、2008年6月〜9月の期間で実施。

関連キーワード

会計 | SMB | 弥生 | 市場規模 | オービック | 大塚商会


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆