特集
» 2008年09月27日 11時30分 UPDATE

経営のヒントになる1冊:速読のための筋肉を鍛える――「フォーカス・リーディング」

仕事が忙しくて時間がない、それでも本をたくさん読みたい。そんなビジネスマンが習得しておきたいスキルが「速読」だ。本を速く読むためには体を使ったトレーニングが必要だという。

[ITmedia]

 「本の読み方」に関する本が、ちょっとしたブームになっている。書店の店頭には「読書術」「速読術」などの本が並び、ベストセラーランキングにもしばしば登場している。その中でも話題になっているのが、本書『フォーカス・リーディング』だ。

『フォーカス・リーディング』著者:寺田昌嗣、定価:1155円(税込)、体裁:四六判 224ページ、発行:2008年7月、PHP研究所 『フォーカス・リーディング』著者:寺田昌嗣、定価:1155円(税込)、体裁:四六判 224ページ、発行:2008年7月、PHP研究所

 著者は速読教室の人気講師。本書はそのノウハウを講義形式で説明し、「1冊10分」で本が読めるようになることを目的としている。こういった読書術が人々に求められる背景には、「多くの本を読んで知識を身に付けないと、時代に取り残される」という強迫観念に似た感情を多くのビジネスマンが持っていることがあるように思う。

 ところが、本書を読み始めるといきなり出鼻をくじかれることになる。「本をたくさん読めば読むほど、むしろ成長が阻害される」というのだ。著者いわく、「目的のない多読は、考える力を奪い去る」。つまり、自分で考えずに人の考えを受け売りするだけの人間になってしまう恐れがあるというのだ。

 では、どうすればいいのか?

 その本から何を得たいのかという目的にしっかりフォーカスし、目的に合わせて本の読み方やスピードを調整する必要があるという。単に情報収集のための本ならスピーディに拾い読みをすればいいし、将来にわたり役立つ内容であれば自分の血肉となるまで何度も読み返せばいい。それぞれの目的に合った速読のテクニックを修得し、読書の効果を高める。それが著者の主張するフォーカス・リーディングである。

 読書に対する考え方だけでなく、本を読むときの姿勢や意識、視点の移動方法といった実践的なテクニックも余すところなく紹介されている。例えば、人は集中すると視野が狭くなる傾向があるという。そのため頑張って「読むぞ!」と力んでしまうと、かえって読書スピードも理解度も下がってしまうそうだ。力みを取り、適度にリラックスして本を読むためのコツも知ることができる。

 中でも本書の白眉ともいえるのが、目の動かし方を鍛えるトレーニングだ。本の上をスムーズに視点を移動させ、大事な箇所にはフォーカスし、そうでない箇所は速度を上げて読み飛ばすという読み方は(本書ではこれを「ギアチェンジ」と呼んでいる)、従来の本の読み方を変えるインパクトがある。

 軽い気持ちでテクニックをつまみ食いするだけでも、あるいはフォーカス・リーディングという概念を知るだけでも、十分役に立ちそうな一冊だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆