ニュース
» 2008年10月17日 08時15分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:企業情報を活用し“攻め”の経営に転じよ――ガートナー社長 (1/2)

企業にとってITは業務の効率化のみならず、製品の品質やコスト、さらにイノベーションの改善を図る上でも欠かせない存在となっている。その中で今後、日本企業、グローバル企業とも採用を優先したいと考えているものとは何か?

[岡崎勝己,ITmedia]

かつてないほど進む企業のグローバル化

 ITの飛躍的な発展が社会に大きな変革をもたらしていることは、改めて説明するまでもあるまい。ネットワークの発展に伴い企業活動もかつてないほどのグローバル化が進み、この大きなうねりを乗り越えるため企業はITの活用方法を模索し続けている。

「企業の生き残りにIT活用は不可欠」と話すガートナーの日高信彦社長 「企業の生き残りにIT活用は不可欠」と話すガートナーの日高信彦社長

 アイティメディアは9月30日、経営者層に向けたセミナー「第6回 ITmedia エグゼクティブセミナー」を開催。基調講演に登壇したガートナー ジャパン代表取締役社長の日高信彦氏は、冒頭で情報革命のインパクトについて次のように強調した。

 「ITを活用することで業務をよりリアルタイムに把握したり効率化したりできる余地はまだまだ残されている。その点でいえば、情報革命はまだ緒についたばかりだ。もちろんITの利用にはリスクも伴う。だが、競争がこれほどグローバルに繰り広げられるようになったことで、ITの活用は生き残りを図るために不可欠となっているのだ」

戦略的な価値の向上に伴い増え続けるIT予算

 ITが企業の命運を左右するほどの存在にまでなっていることは、ユーザー企業の意識にも顕著に表れている。同社が毎年CIO(最高情報責任者)に対して実施している調査によると、ITを利用する目的に「市場を上回る速度での成長を達成すること」を挙げた企業は2004年にはわずか15%だったものの、その割合は年々増加し2007年には63%にも達するほどだ(図1)。このことから、もはや企業にとってITは、単なる「効率化」だけでなく、品質、コスト、イノベーション面での改善を進める上で欠かせない存在となりつつあることを読み取ることができよう。

<strong><図1></strong> 2008年におけるテクノロジ面の優先度(同社サイトから) <図1> 2008年におけるテクノロジ面の優先度(同社サイトから)

 このように、企業が競争力を強化するためにITの戦略的な価値がますます高まる一方、ITの予算額も増加している。グローバルの企業に対して実施した調査でも、IT予算の加重平均での増加率は2004年から2008年まで小幅ながら一貫して増え続け、2008年の増加率は2004年の2.5倍以上の3.3%にも上るほどだ。

 「サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題などにより景気後退がささやかれている。だが、国内の大手ITベンダーにヒアリングしたところ需要に変化はみられなかった。これほどまで、企業にとってのITは欠かせない存在になっているということだ」(日高氏)

 企業へのITへの期待値がこれほどまで高まっている中で、CIOには「テクノロジ―」のみならず「ビジネスプロセス」や「情報」の管理にもリーダーシップを発揮すべきというのが日高氏の主張なのである。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
市場も注目する「攻めのIT」、経営戦略にどんなインパクトをもたらすか?

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆