ニュース
» 2008年10月23日 17時51分 UPDATE

「複雑なIT環境の整備がCIOの課題」――Dellが発表

アジア太平洋地域のCIOを対象にした調査によると、企業に存在するばらばらなシステムに多くのCIOは頭を悩ませているという。

[ITmedia]

 米Dellは10月22日、IT調査会社の米IDCに委託して実施したアジア地域における大手企業のCIO(最高情報責任者)への調査結果を発表した。多くのCIOが企業競争力を高めるためにはIT環境の整備が不可欠としていることが分かった。

 CIOは現状の問題として、業務のサイロ化がばらばらなシステムやテクノロジーのまん延を生んでいる点を挙げた。そこで、ベンダーを選別し購入するアプリケーションの数を減らしたり、SOA(サービス指向アーキテクチャ)の導入でシステム統合を図ったりするなどでIT環境の整備を進める必要があるという。

 縮小するIT予算に対する課題については、ビジネスの敏速性、ビジネス要件の拡大、規制へのコンプライアンス、M&A実施時のアセスメントと実施後の迅速な融合、人材の維持を挙げた。今後企業の競争力が向上できる分野としては、グリーンIT、データセンターの変革、新しいメディアの利用を上位に選んだ。

 IDCのコンサルティングディレクターは「経済環境への懸念が続くことで、企業の多くは経費とITの役割を見直している。複雑なIT環境を克服しなければならない一方で、必要な管理ツールが存在しないという問題にCIOは直面している」とコメントした。

 同調査は、日本、中国、インド、オーストラリアの大手企業に属する約40人のIT担当者を対象に実施。

関連キーワード

CIO | Dell | IDC | 経営 | SOA | オーストラリア | 中国 | ERP | グリーンIT | 経営者


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆