ニュース
» 2008年11月07日 08時15分 UPDATE

大学もクラウドを支持:立教大学、学生や教員3万4000人がGmailを活用

立教大学は3万4000人が活用するメールシステムにGmailを採用した。学内の認証システムの連携も図り、パスワードを変更せずにGmailを利用できるという。

[ITmedia]

 立教大学は、Google Appsを導入し、学生や教員、関係者など約3万4000人が活用するメールシステムを構築した。4月から運用している。システム構築を支援したサイオステクノロジーが11月6日に発表した。

 同大学は、Gmailや文書管理サービスなどが利用できる「Google Apps Education Edition」を採用。1ユーザー当たり7Gバイトの電子メールの容量を与えている。既存の認証システムからGoogle Appsにログインできるようにしたため、ユーザーはパスワードなどを変更せずにGmailを使える。管理者は、学内の認証システムからGoogle Appsのユーザーの追加や削除ができる。

 従来のメールシステムでは、多数のユーザーが同時に電子メールを送受信すると、システムに負荷がかかり、メール送受信がうまくできないといったことが起こっていた。Gmailに移行したことで、こうした問題を解消し、運用管理の負荷を削減できたとしている。

 Google Appsの移行に合わせて、認証/シングルサインオン/電子メール用の各サーバを、ヴイエムウェアの仮想化製品「VMware Infrastructure」で統合し、1台のサーバで運用できるようにもした。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆