ニュース
» 2008年12月01日 08時00分 UPDATE

ポジションを奪われる気はしないが:「日本人は世界で通用する」は56%――外国人上司に質問

日本のビジネスマンは世界でやっていけるのか、克服するべき課題は何か。日本人部下を持ち、1年以上日本に在住する25歳以上の外国人542人に聞いた。

[ITmedia]

 ITや航空などさまざまな技術の発達で地球が小さくなる中、日本企業の多くが日本だけにとどまれなくなってきた。少子高齢化による人口減少で内需縮小が予測されており、日本企業は新たな市場を求めている。野村證券はリーマン・ブラザーズのアジア事業を、サントリーはニュージーランドの栄養ドリンク大手フルコアを700億円で買収した。

 トムソン・ロイターの調べによると、2008年に入って日本企業による海外企業の買収規模は対前年比265%に達したという。悲観論がうずまく一方で、日本企業は円高と豊富なキャッシュを武器にM&A攻勢をかけている状況だ。

 そんな中、今後日本のビジネスマンは世界でやっていけるのか、克服するべき課題は何かといった点が気になってくる。外資系転職求人サイト「キャリアクロス」を運営するシー・シー・コンサルティングは、日本人部下を持ち、1年以上日本に在住する25歳以上の外国人542人に「世界で通用するか」など日本のビジネスマンについてアンケート調査を実施した。

foreign1.jpg 日本のビジネスパーソンは世界でも通用すると思いますか?

 「日本のビジネスパーソンが世界で通用するか」の質問に、23.4%が「通用する」、32.4%が「まあ通用する」とし、計55%が程度の差はあれ通用すると回答した。今後身に付けるべき要素を自由回答で聞いたところ、「語学力」が最多の88件、国際感覚が79件、リスクを恐れないなど自立性が52件、日本人以外の受け入れなど異文化経験が39件という結果だった。

 具体的には、仕事の質への評価が非常に高かった。「ていねい」が49.1%、「ややていねい」の33.5%と合わせる83%に上る。論理性が長けているかの質問では、程度の差はあれ「長けている」とした45.3%に対し、「欠ける」との回答は21.8%だった。そのほか、36.5%が程度の差はあれ「問題解決力がある」と回答、「仕事の要領」は同様に45%がプラスの評価をした。協調性については75%の回答者が良いと評価している。

 一方で、問題点も多かった。「創造性」については約45%がマイナス評価で、プラス評価は25%にとどまった。「挑戦する気持ち」も57%がマイナスの回答をし、プラスは26%と低かった。リーダーシップについても43%が程度の差はあれ「欠ける」と答えている。

 日本人部下と仕事をしていて苦労する点では「他人との衝突を恐れる」が13.8%で1位。「リスクを避ける」が12.4%、「変化への対応力がない」が12.2%、「創造性に欠ける」が10.6%、「コミュニケーション力がない」が7.9%、「仕事が遅い」が7.5%と続いた。自由回答では「困難は感じない、国籍は関係ない」が最多の10件、「英語力がない」が8件と続く。「慣習や上司に縛られている」という意見もあった。

 最後に、苦笑してしまうような回答もあった。「日本人に将来ポジションを奪われる脅威を感じるか」の質問に「感じる」は6%、「やや感じる」は15%だった。「あまり感じない」の42.1%と「感じない」の37.2%を合わせると80%の回答者が、日本人に脅威を感じていないことが分かった。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆