ニュース
» 2008年12月16日 07時30分 UPDATE

日本企業の最高は42位:米デロイトがアジア地域の急成長500社を発表 1位は9万3000%以上の成長率

アジア太平洋地域におけるテクノロジー企業の売上高成長率ランキングTOP500を米Deloitte Touche Tohmatsuが発表した。トップ企業は過去最高の数字をたたき出した。

[ITmedia]

 監査やコンサルティングなどのサービスを提供する米Deloitte Touche Tohmatsu(DTT)は12月11日、アジア太平洋地域のテクノロジー業界における成長企業500社のランキング「第7回 デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」を発表した。トップの企業は携帯電話やPDA向けにドライバICの開発を手掛けるILI Technology(台湾)。売上高は過去3年間で9万3000%以上も成長し、ランキング史上で最高の記録となった。

 同ランキングは、過去3年間の売上高成長率を基に企業を格付けするもの。1位は成長率が9万3758%のILI Technology、2位は太陽電池を製造する中国のJetion Holdingsで同3万4706%、3位には同じく中国で語学学習サイトを運営するBeijing 100e Science & Technologyが同8429%でランクインした。日本企業は、売上高成長率1053%を達成した代金回収サービスのウェルネットが42位で最高だった。

Fast500のランキング上位10社 Fast500のランキング上位10社

 500社全体の平均成長率は過去最高となる707%(前年比167%増)だった。国別では台湾が最多で112社だったほか、業種別ではソフトウェア分野が139社、半導体分野が127社、ネットワーキング・コミュニケーション分野が85社だった。

 DTTのFast500プログラムは、1995年から北米で実施。急成長するテクノロジー企業の知名度を高めることを目的に、ヨーロッパ、アジア太平洋地域においても2002年から始まった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆