特集
» 2009年01月07日 07時30分 UPDATE

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:米国一極支配の終わり (1/2)

米政府が公表している「2020年の世界予測シナリオ」などを基に、米国の将来像を国内外の両面から予測する。

[小尾敏夫(早稲田大学),ITmedia]

米国の一極スーパーパワーが分極化へ

 国防総省、アメリカ中央情報局(CIA)とともに国家情報戦略のコアといえる米国の国家情報会議(NIC:National Intelligence Council)が、2020年の世界予測シナリオを公表した。その大枠として以下の4つが提示されていた。

1. ダボス・ワールド

2. パックス・アメリカーナ

3. イスラム教文化

4. 脅威のサイクル


 1つ目は、スイスに本部を置く世界経済フォーラムが開催する「ダボス会議」が有名である。経済のグローバル化の代名詞として、つとに有名になったこの傾向はさらに進むが、その副作用も発生する。

 2つ目は、アジアやほかの新興勢力のパワーが米国一極体制を揺るがすというシナリオである。人口動態として老齢化とエネルギー需要増大もパワーバランスを変える要因になる。

 3つ目については、西欧型民主主義に対抗した、イスラム教的なアイデンティティが打ち出され、西欧モデルの既存統治の仕組みが揺らぐシナリオである。

 最後はテロリズムが国境を越えて浸透するというシナリオで、内部矛盾の拡大に乗じて、テロがまかり通り、国家や国民の安全が脅かされる。

 それらの要因としては、中国が急速にパワーを持つようになった点、イスラム教国内での世俗主義と原理主義の対立、世界最強の軍事力を持つ米国がどのような姿勢で中国およびイスラム教世界に臨むかという点を挙げている。

 報告書は上記のシナリオとその要因に加えて、下記の6項目もまとめている。


1. 2020年の世界は経済成長が続き、2000年と比較して世界経済は80%の増加。一人当たりの平均所得も約50%増加する。

2. 政治的組織を持つイスラムがグローバルに影響力を有していく。

3. 旧ソビエト連邦や東南アジアの国々では、民主化が部分的に逆行する。

4. 経済的、文化的、政治的な混乱が引続き発生する。中東と北東アジアで核兵器を有していない国が保有するかもしれない。

5. テロリストが生物病原体を獲得し、テロ行為をすることが懸念される。

6. 経済成長は続くものの不安要素は多く、未来は楽観できないようだ。その中でも米国の地位は2020年の時点で、経済、技術、政治、軍事の分野では優位を保っている。この見解は為政者にとって心地よい響きを持つものだろう。しかし、必ずしも手放しで喜べる訳ではない。


 すなわち、米国の軍事力に太刀打ちできる国家は出ていないが、米国の軍事行動にダメージを与える国が増えていくと予測している。米国は環境と気候変動、人権やプライバシー保護、クローン技術やバイオテクノロジー、国際機関の役割などをめぐって国際世論に立ち向かう機会が多くなる。それに伴い、報告書は米国と世界が分断される可能性がある、と警告する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆