連載
» 2009年01月15日 10時45分 公開

加速するグローバル人材戦略:【第3回】新興国市場を狙うグローバル戦略 (3/4)

[岩下仁(Value Associates Inc),ITmedia]

新興国市場をどのように位置付けるか

 かつて新興国市場とは製造拠点であり、低コストの労働力提供の場でしかなかった。特に1985年のプラザ合意以降、日本企業は円高を背景に製造拠点を移転し、先進国へ輸出することで競争力を獲得した。フラット化時代の現在、新興国市場は有望な成長市場へと姿を変えつつある。鈍化しつつあるとはいえいまだ高い成長率を誇るBRICsを中心に、最近ではNext Elevenとして韓国やインドネシア、メキシコなどの新興国も台頭している。中国ではGDP(国内総生産)成長率8%を目標として、さまざまな政府施策が取られている。

 日本企業にとって、国内市場の深堀りも一案だが、拡大する海外市場を見逃すわけにはいかない。特にアジア地域の新興国へ集中するのは魅力的な選択肢といえる。タイ、インドネシア、マレーシアなどの東南アジア諸国では、高い経済成長とともに新しい中間所得層が生まれている。経済産業省の「通商白書2008」は、欧米諸国など先進国の市場人口が10億人、アジアを中心とした新興国市場人口が30億人、アジア以外の新興国市場が10億人という「50億人市場」をターゲット市場として提案している。

 自国市場の拡大を背景に、新興国市場は新たなグローバル企業を生み出す土壌にもなっている。既に新しい新興国企業の芽はいぶき、花開きつつある。IBMのPC事業部を買収した中国企業のLenovo、相次ぐ買収で世界最大の鉄鋼メーカーとなったインド出身のMittal Steel、欧米企業の業務アウトソーシングを受け持つインドのWiproなどが代表例だ。これら新興国出身の企業は、自国の高い成長性を生かし、あり余る世界の資本を集め、高い成長率を演出することでグローバリゼーションを遂げている。

 「新興国市場こそが成長ドライバー」としてグローバル戦略を掲げるのは、移動体通信キャリア、英Vodafoneである。2006年以降、矢継ぎ早の買収策や出資策を実施することで、成熟する先進国を捨て成長する新興国へのシフトを実現している。2006年にソフトバンクに日本事業を1兆7500億円で売却した後、2007〜2008年には中国移動(China Mobile)、ソフトバンクと提携し、中国市場に向けた新モバイル技術の共同開発を実施した。また中国の中国移動への出資、インドの移動体通信キャリア、Hutchison Essarへの出資などを行ってきた。日本市場を捨て、かつ新興国市場への徹底した攻略により切れのあるグローバル戦略となっている。

英Vodafone 成長する新興国市場へのシフト 英Vodafone 成長する新興国市場へのシフト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆