特集
» 2009年01月19日 12時38分 UPDATE

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:歴史的転換期に立ち会えることを、目いっぱい楽しめた者の勝ち! (1/2)

景気後退が避けられない2009年は、多くの企業にとって厳しい年となるだろう。しかし、じたばたしても何も始まらない。どっかりと腰を据えて、歴史的転換期に立ち会っていることを喜ぶべきだ。

[井上和幸(リクルートエグゼクティブエージェント),ITmedia]

 2009年は、どうやら歴史に刻まれる1年となりそうだ。まさに「100年に1度の大変革期」元年と見て、間違いない。

 2007年の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題、2008年の金融システム崩壊、そして2009年は残念ながら「戦後最大の世界同時不況」の年となるだろう。投資銀行のビジネスモデルは崩壊し、株式市場は世界的売り相場、ドル下落、円高騰、商品価格市場は統制を超えて乱高下しつつ高騰基調。政治は迷走し、派遣問題、大量リストラ、新卒内定取り消し……。

 一方で不気味に表面化する自然災害の頻発化、地球温暖化問題への対処も待ったなしである。唯一の明るい光を求めるならば米国のオバマ政権発足だろうか。しかしそれとて、ビッグスリー救済問題、金融危機対策、環境問題などの世界規模のリスク対応に向き合うことを考えれば、光もかすむと思わざるを得ない。

2009年は文明の転換期に

 そうした中で、エグゼクティブ諸氏は2009年という1年にどう向き合うべきだろうか。大前提として、循環論的な発想は一切きっぱりと捨てるべきだと考える。経済紙などで「2009年度は前半底、後半に好転」などの予測も目にするが、そもそも景気循環的なとらえ方で戻せるような経済システム、社会システムの状況ではないことは、わたしも日々、企業経営の現場を人の側面、組織の側面から観察し続けるにつけ痛感している。

 歴史的転換というものは、史実では明確な節目があるように語られるが、現実その渦中で生きた者にとっては、ある日突然降ってわくとか、何かが180度変わるというようなものではないはずだ。ある期間(恐らく5年〜10年程度)の中で気が付いたらすっかり時代が変っていたというものである。

 今改めて注目したいのが、アルビン・トフラー氏が説いた「第3の波」。2007年の近著「富の未来」が同氏による帰着点の回答例だと思うが、1980年ごろから始まったとされるその文明の転換が一つの「始まりの終わり」を見せる数年間として2009年を元年と見るのが適していると、わたしは感じている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆