ニュース
» 2009年01月28日 14時56分 UPDATE

BPOへの取り組みを加速:資生堂、電子購買サービス導入で間接材の調達や業務工数を削減へ

資生堂は間接材の一括電子購買サービスを本社や工場、リサーチセンターに導入し、稼働を開始した。間接材の購買をシステムに集約し、コスト削減を図る。

[ITmedia]

 資生堂は1月28日、オフィス用品通販大手のアスクルが提供する間接材の一括電子購買サービス「ソロエル(SOLOEL)」を本社や工場、リサーチセンターに導入し、同日に稼働を開始した。

 ソロエルは、購買プロセスを可視化し、間接材調達の単価や業務工数を削減するサービス。SaaS(サービスとしてのソフトウェア)として提供する「購買システム」を使って間接材の購買を集約し、コストの削減を図る。今後は、資生堂グループの販売会社や関係会社において、2月中旬に同サービスの稼働を開始する予定という。

 同サービスは、2008年4月にアサヒビールグループ、2009年1月にオムロングループが導入している。

image ソロエルのイメージ(出典:アスクル)

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆