ニュース
» 2009年03月13日 13時07分 UPDATE

大和証券も期待を寄せるイージェネラの「N+1 DR」サービス

ユニークな仮想化技術で知られるシステムベンダー、イージェネラが、パートナーらと協業し、安価な災害復旧サービスに乗り出す。コスト抑制だけでなく、柔軟な運用も実現できる同サービスに企業も期待を寄せる。

[浅井英二,ITmedia]

 イージェネラは3月12日、同社の災害復旧(DR)ソリューションに関して、日商エレクトロニクス、およびパナソニック電工インフォメーションシステムズと共同で実地検証を行い、今夏のサービス展開へと協業を拡大することを明らかにした。

 今回、イージェネラがパートナーとの協業によって展開していくのは、複数サイトのシステムを1つのサイトで障害復旧できる「N+1 DR」サービスだ。通常のサーバで障害復旧のためのシステムを構築する場合、全く同じシステムをもう1組用意する必要がある。システムが複数個所にあれば、それぞれ1組ずつ必要で、コスト的にも大きな負担となるが、イージェネラのN+1 DRは、システムが複数個所にあっても、1つのDRシステムで対応できるほか、待機中にも開発用途などに有効活用できるという。

 イージェネラは、論理サーバを物理サーバ上に動的に配置できる「PAN(Processing Area Network)Manager」で知られているシステムベンダー。N+1 DRは、同社のBladeFrameサーバに標準で装備されているDR機能と日商エレクトロニクスが販売する3PARユーティリティストレージのデータ保護機能と組み合わせて実現される。

 都内で行われた記者発表会には、大和証券の鈴木孝一常務も出席し、「ビジネスのスピードが増す中、サーバとストレージを切り離してそれぞれ集約・簡素化していくことは、災害対策だけでなく、迅速なサービス提供などにも大きな恩恵をもたらす」と期待を寄せた。大和証券では、関東の2個所でリカバリーセンターを運用しているが、関西にあるパナソニック電工インフォメーションシステムズのデータセンターにもディスク間でデータをコピーしているという。

関連キーワード

Egenera | 災害 | ディザスタリカバリ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆